性病検査キットの比較、はじめての人にもわかりやすく解説

性病検査キットの販売施設の中で、意外に知られていない1つが『さくら検査研究所』です。

日本人は性病に知識があまりなく、どちらかというと感染することはあまり良いとは思っていません。
ただ、もっとも蔓延しているクラミジアは年間100万人以上の患者がいると推計されていて、若い女性の12人に1人が感染しているというほどです。

とても身近にクラミジアは潜んでいるんですよね。

『さくら検査研究所』は、プライバシーマークを取得してる検査所で、誰にもばれることなく検査をしたい人に最適な検査施設です。
その特徴を紹介します。

『さくら検査研究所』を3行で表すと

  • 痛みの少ないランセット
  • プライバシーマーク取得
  • 誰にもばれない

『さくら検査研究所』は検査キットのシリーズの事業名で、母体は株式会社メディックです。
群馬県高崎市に検査施設を設け、登録衛生検査所の許可も済ませています。

痛みの少ないランセット

どの検査施設も、HIV検査キットでは必ず血液を採ります。
指の腹にランセットという針が飛び出て引っ込む小さな道具を使います。

ランセットで軽く血をだして、紙にしみこませます。

『さくら検査研究所』ではHIV検査に限りますがランセットに「ピンニックスライト」を利用しています。
ピンニックスライトの針は植物性で、環境にも肌にも優しいです。

針先も加工されていて、皮膚がえぐれた傷でなく、一直線の傷になり、痛みが少ないです。
もちろん血も早くとまります。

痛みに抵抗があって、HIV検査だけを考えている人はさくら検査研究所はお勧めです。

プライバシーマーク

プライバシマークを取得すると、毎年なからず全従業員に個人情報保護教育が行われ、情報の内部監査も行われます。
どんな些細な個人情報漏えい事故が発生した時点で、マークの発行元にも報告する義務が生じます。

とても厳しい管理が求められています。

プライバシーマークを取得している郵送検査の施設はなく、『さくら検査研究所』は個人情報にとても気を使っていることがわかります。

人にばれない検査

当然検査をしていることは誰にも知られたくないですよね。

さくら研究所では、自宅に荷物が届くのを避けるため、郵便局留めを推奨しています。
家族がいても安心して荷物を受け取ることができるのも特徴です。

送料は別途かかるわけではなく、検査キットの価格に含まれていて、とてもわかりやすいです。

以上のような特徴があり、なんといっても「ピンニックスライト」の使用、「プライバシーマーク」の取得はほかにはありません。

そのほか

  • 衛星登録所であること
  • 高精度の検査方法で行うこと
  • 販売から検査報告まですべて行うこと
  • 提携病院があること

といった、検査の信頼が高く、何かあっても安心して検査を受けることができる検査施設です。


イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。